キングダム登場人物 キングダム

【2023年最新】キングダム知力ランキング!最強軍師はいったい誰なのか?公式データから徹底解説

中国の戦国時代の漫画として大人気の「キングダム」。

アニメ化、映画化されるほど注目を浴びており、その中でも知略の戦いも見物ですよね。

読んでいる誰もが「誰が一番知略があるのか」「誰が一番頭がいいのか」気になるのではないでしょうか。

今回はその疑問を解消すべく、原作62巻までのネタバレを含む公式ガイドブックによる「知力」ランキングをお伝えします。

目次

知力ランキングの基準について

ブログ内のランキングは、2021年7月に発行されたガイドブック『戦国七雄人物録』に収録されている知力数値よって整理されています。

タケオ
1位はやっぱりあいつか!と思うかもしれませんが、意外と高い人物もいますよ!

キングダム知力ランキングTOP11

第1位!李牧(りぼく):知力100


皆さんも分かっていたかもしれませんが、1位は趙の李牧(りぼく)です。

最初の登場では王騎(おうき)を破り、合従軍では麃公(ひょうこう)を知力で討ちました。

朱海平原では麻鉱(まこう)を奇襲で討ち取るなど、戦局を大きく動かす力をもっています。

2023/10/14時点では、六大将軍である桓騎(かんき)も討ち取りました。

そしてさらには番吾の戦いで秦を大敗北させることが分かっています。

秦は最終的に中華統一を果たしますが、実は李牧(りぼく)は秦に直接的な敗北はほとんどしません。

なぜなら史実では暗殺によって李牧(りぼく)がいなくなる為です。その結果趙は一気に崩れ落ちるという流れになります。

李牧(りぼく)がいたから趙が存在していた。といっても過言ではないほど、知力に長けた人物なのです。

第2位:王翦(おうせん):知力99


第2位は王翦(おうせん)です。秦の六大将軍であり、趙攻めでは総大将を務める人物です。

かなり高い知力で、不可能と思われた鄴(ぎょう)を落としました。

ただ自分の国を作りたいという野望から、いまだに謎の多い人物となっています。

高い知力を誇る王翦(おうせん)ですが、総大将を務める番吾の戦いでは大敗が決まっています。

果たしてどうなるのか見ものですね。

史実では王翦(おうせん)は趙に李牧(りぼく)がいる限り抜けないと見るや、刺客を送って李牧(りぼく)を暗殺してしまうのです。

これにより王翦(おうせん)の敵はいなくなり、中華統一へと前進していきます。

第2位(同率):昌平君(しょうへいくん):知力99


昌平君(しょうへいくん)はかつては楚の人物ですが、現在は秦軍の総司令官です。

中華統一を果たすために、山陽を東郡と名付けましたが、李牧(りぼく)にその計略を見抜かれて合従軍を作られて失敗に終わりました。

しかしそれでも昌平君(しょうへいくん)の知力も凄まじいものがあり、どうしようもできないと思われた合従軍をなんとか防ぐことができました。

知力だけでなく幼少期はあの蒙武(もうぶ)よりも武力が高かったこともあり、文武共に優れた能力は、総合力でもトップクラスといえるでしょう。

第2位(同率):白起(はくき):知力99


画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

白起は実際の歴史においても著名な将軍で、『キングダム』においても重要な役割を果たしており、過去の六大将軍に位置づく人物です。

キーポイントは長平の戦いで60万人を生き埋めにしたことですね。

彼は知力に優れ、数々の戦術や策略を駆使して敵を打ち負かしてきました。

白起は冷静な判断力と、戦場での状況を即座に把握し、有利に進める能力を持っています。彼の知力と戦術は、多くの戦で秦の勝利をもたらしました。

第5位:楽毅(がくき):知力98


画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

楽毅(がくき)は軍神として名が中華に広まる程の人物です。

漫画ではそこまで紹介されることはありませんでしたが、亡国である燕を復興させ、三大天や六大将軍がいたにもかかわらず、中華の均衡が保たれたのはこの楽毅(がくき)あってこそと書かれるほどです。

詳しい戦績についてはわかりませんが、高い知力を持っていたからこそ、ここまで言われる人物であることは間違いないでしょう。

第5位:媧燐(かりん):知力98


楚の女将軍として登場するキャラクターで、春申君から「戦の天才」と評されています。

しかし彼女の性格には難点があるとも言われています。特に彼女の知力は非常に高く、合従軍でその力を見せました。失敗には終わっていましたが、どれも予想をつけづらい動きをしていましたね。

楚では現在宰相の位置につけるほどの権力を持っています。

第5位:呉鳳明(ごほうめい):知力98


呉鳳明(ごほうめい)は魏の武将として登場するキャラクターで、呉慶(ごけい)の息子にあたります。

呉鳳明は、知力を駆使して兵器の開発を得意としています。

彼が開発した兵器は、秦軍にとって大きな脅威となっており、特に函谷関の戦いにおいては、彼が開発した巨大な井闌車や床弩を駆使して秦軍を追い詰めました。

これらの兵器は、その設計の常識を超えるほどの強力さを持っており、李牧でさえ開発は不可能と言及されています。

呉鳳明は、知力を活かした戦術も得意としています。彼の知力を使った計略は、李牧に引けを取らないほどの実力を持っているとされています。

合従軍編において李牧が使用した超高等戦術「流動」を、呉鳳明も使用して戦っている描写があります。

呉鳳明(ごほうめい)は台の上に乗って上から見ていましたが、李牧(りぼく)は地上にてそれを行ったので、知力には差があるでしょう

第5位:春申君(しゅんしんくん):知力98


画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

春申君の知力や策略は、楚の国勢を立て直すための重要な要素として物語られており、彼の政治的な手腕や知略は戦国時代の歴史において非常に重要な役割を果たしています。

彼は「戦国四君」の一人として知られています。春申君は考烈王を擁立し、国勢が衰退していた楚を再建する役割を果たしました。

キングダムでは合従軍の総大将を担うも失敗に終わり、楚に帰ったあとに李園という人物の策略により命を落とすこととなりました。

第9位:呉慶(ごけい):知力97


画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

呉慶は顔に施したペイントが特徴的なキングダムに登場する人気キャラクターです。

呉慶は知略型の代表的な将軍であり、王騎が知略型と本能型について作中で初めて触れた際、蛇甘平原の戦いで対峙する呉慶と麃公を例に取って説明しています。

呉慶が登場する戦いは蛇甘平原の戦いのみですが、この戦いの中で彼は様々な計略を駆使して戦っています。

特に印象的だったのは、呉慶本陣に迫る麃公軍の突破力がなぜ強いのかを見抜き、先頭を走る麃公ではなく、その後ろに続く麃公軍の兵を先に攻撃したことです。

これにより、麃公軍は勢いを失い、突破力が大幅に下がりました。

彼は主人公・信が初めて参戦した戦いでの敵国総大将として登場し、信が所属する秦軍と壮絶な戦いを繰り広げました。息子の呉鳳明(ごほうめい)が同じポーズで似たようなセリフを放っていることも印象的です。

第9位:霊凰(れいおう):知力97

霊凰は軍略家として知られ、魏の呉鳳明(ごほうめい)の師匠としての役割を果たしています。

彼は「魏火龍七師」と呼ばれる魏の英雄たちの一人として数えられており、秦の王騎たちと名勝負を繰り広げた武将たちの中に名を連ねています。

実際に史実には登場しないようですが、その真相は分からない部分があります。

漫画では信が呉鳳明(ごほうめい)と間違えて討ち取りました。王騎(おうき)すらも苦戦した相手を討ち取ったと、かなり評価は高かったですね。

第11位:楊端和(ようたんわ):知力96


楊端和(ようたんわ)は秦の六大将軍の一人で、文武を兼ね備え、多くの戦場で活躍しています。

山民族をまとめ上げ、その力で多くの戦を戦ってきました。

彼女の知力は、戦略だけでなく、部下たちとの絆や連携にも現れています。橑陽(りょうよう)の戦いでは、相対していた犬戎族を討ち取ることなく、仲間に引き入れてましたね。

文武だけでなく美貌も兼ね備えているので、総合力でもかなりのトップクラスといえるでしょう。

第11位:廉頗(れんぱ):知力96


廉頗は、キングダムの中で非常に強力な武将として知られています。

彼は趙の三大天として活躍しており、その実力は武力だけでなく知力にも優れています。

山陽の戦いでは蒙豪(もうごう)が練りに練った作戦を破って、あと一歩のところまで迫りましたが、王翦(おうせん)の位置を考えて白旗を振りました。

廉頗(れんぱ)は知力だけでなく、高い武力も持っており、信にこのようなセリフを言っています。

大将軍になるために必要なものは百の”精神力”!!
そして 百の腕力
さらに 知恵
あと 百の経験と百の幸運
それらを全て兼ね備えた趙国三大天と秦六将はかつて
正に完璧な時代を築き上げた

このセリフは個人的にもかなり好きです。全てを兼ね備えていてこその大将軍。廉頗(れんぱ)はその代表格といえるでしょう。

第11位:扈輒(こちょう):知力96


画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

扈輒将軍は趙の総軍司令になるほどの人物で、桓騎(かんき)との戦いでは最初圧倒していましたね。

扈輒将軍の特徴である顔の金属ですが、痛みを感じるためのものであると描写されています。桓騎の発言によれば、この金属は扈輒将軍が平衡を保つために使用しているとのことです。

桓騎(かんき)の右腕ともされる雷土(らいど)には、ひどい拷問を行っていたことも印象的です。

第11位:李園(りえん):知力96

春申君を殺したと話す李園
画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

李園は楚の宰相であり、春申君(しゅんしんくん)の暗殺を企てた人物です。

いまだ謎は多いですが、あの戦国四君の春申君(しゅんしんくん)を暗殺できるほどですから、相当の知力があるとうかがえます。

まだまだ知力を発揮できている描写は少ないですが、すでにこの数値で公表されている以上、今後強大な敵となることでしょう。

第11位:寿胡王(じゅこおう):知力96

キングダム658感想 寿胡王(じゅこおう)の2つの誤算...というか無能!? : キングダムメモリーズ
画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

寿胡王は性悪説を学んだ、楚における十虎城を守る軍師です。

落ち着いた印象を受けますが、いざ戦局で戦いが熱くなると眼光を開くシーンがあり、なんとも不気味な人物です。

ちいさな十虎城ですが、この寿胡王がいたから守れていたとも考えられます。

蒙武(もうぶ)には昌平君(しょうへいくん)に裏切られることを示唆する話をしていたことも印象的ですね。

第11位:玄峰(げんぽう):知力96


画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

玄峰は廉頗の四天王の中で唯一の軍略家です。彼の登場は作中での山陽の戦いのみとなっています。

趙の三大天、廉頗に仕えているため、秦の六将とも対峙したことがあると思われます。

山陽の戦いでは、飛信隊や玉鳳隊を手こずらせるほどの策略を展開しました。

玄峰は比較的クールな性格をしており、情熱的な廉頗の元で冷静に行動します。作中では、相手を「阿呆」と呼ぶ場面が多く、相手を見下している様子が描かれています。

戦法は銅鑼と煙を使って、秦軍を翻弄していましたね。最後は魏の甲冑で偽装した桓騎(かんき)に直接討ち取られました。

第11位:桓騎(かんき):知力96


桓騎は元々山賊の頭目であり、独特な戦術や策略でなっています。

戦場では冷酷かつ計算高い性格を見せる一方で、部下たちとの絆は非常に深いものがあります。

桓騎は戦術や策略を駆使して戦うことを楽しみ、そのためには手段を選ばないことも。

彼の指揮する軍は山賊出身の者が多く含まれており、そのため独特な戦術を展開することができます。

作中での彼の活躍は数多く、その知略を駆使した戦術で秦の大将軍として高い評価を受けている一方で、残虐性から嬴政(えいせい)から咎められることも。

現在は李牧(りぼく)の策略により討ち取られてしまいました。

※ ※ ※

以上が特に優れた知力を持っている人物でした。

TOP11に名を上げた人物の中にはすでに討ち取られている者も多いですが、どれも「なるほどな」と思ったのではないでしょうか。

まだまだその知力を見せつけている場面が少ない人物もいますが、今後の活躍に期待です。

それではここからはそれ以下の人物を簡単に見ていきましょう。

知力ランキングTOP18~21

知力96が7人もいるので、18位から20位の紹介です。

18位が3名おり、21位が4名ます

第18位:摎(きょう):知力95


画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

摎は、秦の「六大将軍」の一人として知られる存在で、王騎の婚約者であり、秦の王・昭王の娘でした。

彼女の軍歴は輝かしいもので、100城とったら王騎(おうき)と婚約するという約束の元、異なる国々から99の都市を征服しました。

残すは馬陽(ばよう)。しかし突如現れた龐煖(ほうけん)によって討たれました。

知力を見せる場面はほとんどありませんが、馬陽の戦いでは王騎(おうき)を副将に置くくらいの実力者ですから、当然知力も相当なものと考えられます。

第18位:王騎(おうき):知力95


秦の六大将軍の一人として知られる偉大な大将軍であり、王昭の家臣として仕えました。

彼は「秦の怪鳥」という別名で広く知られており、李牧(りぼく)が討ち取った時は、全中華が驚きましたね。

王騎(おうき)は高い知力と勘が優れており、戦局を優位に進めます。もちろん武力も凄まじいもので、かつては龐煖(ほうけん)を一振りで撃退しました。

王騎(おうき)の優れているところは知力以上に、味方の鼓舞の仕方などもありますよね。王騎(おうき)は誰しもが好きなキャラクターなのではないでしょうか。

第18位:王建王(おうけんおう):知力95


画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

斉王〈王建王〉は斉国の第八代目国王として国を統治している人物です。

彼は国王としての優れた能力を持ち、他国との交渉も非常に巧みに行っています。

印象的なのは蔡沢(さいたく)との国交で、合従軍から抜けたことですね。そして嬴政(えいせい)との対談により、実質秦に下ることもありました。

そして知力が発揮されるのはまったくの損なく、莫大な資金を得ることです。

特に秦とのやりとりにはなりますが、蔡沢(さいたく)からは合従軍を抜ける代わりに倍額の資金をもらったり、鄴(ぎょう)に入った際の食糧を倍額で買ってもらうなどがあります。

漫画では秦ばかりの国交でしたが、おそらく他の国とも同様の取引をしている可能性があります。

無損で財を成す能力は高い知力がないと無理な事でしょう。

第21位:嬴政(えいせい):知力94


嬴政(えいせい)は秦の王で、後の始皇帝となる人物です。

知力に関しては戦略というよりかは、人の才能を見抜くことであったり、士気をあげることの言葉遣いなどに特化している感じがしますね。

また嬴政(えいせい)の周りには多くの有能な助言者や将軍たちがいるため、彼の知力と彼らの力を組み合わせることで、多くの戦を勝利に導いています。

第21位:騰(とう):知力94


騰は王騎(おうき)の副将として活躍し、六大将軍としても名を連ねる人物です。

彼は知力の高さだけでなく武力も高く、楚の将軍である臨武君(りんぶくん)を合従軍の戦いで討ち取りました。

また対媧燐(かりん)戦でも、ギリギリの状況で瞬時に陣を作り、何とか守り抜きました。

魏の著雍(ちょよう)の戦いでは信、王賁の才を見抜き、見事若手の力で勝利に導きましたね。

王騎(おうき)の側近なだけあり、人を見抜く力も優れており、総合的な知力の高さがあるといえるでしょう。

第21位:李斯(りし):知力94

李斯
画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

李斯は秦の法の番人として登場します。彼は歴史的にも実在の人物で、嬴政の側近、宰相として活躍しました。

漫画においても彼の知力は非常に高く評価されており、その卓越した知識と洞察力で、秦の中国統一を実現するための重要な役割を果たしています。

秦が中華統一を果たしたとき、文化の違う国同士をまとめるのは「法」です。この時に大活躍するのが李斯(りし)です。

趙の思想家である荀子(じゅんし)のもと、性悪説で有名な韓非子と1,2位を争うほどの知力をもっています。

キングダム知力ランキングTOP24~28

ここからは同率がかなり増えていきます。さっくりとみていきましょう。

24位が4名、28位が7名となっています。

第24位:介億(かいおく):知力93

介億(かいおく)
画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

介億(かいおく)は合従軍の戦い時に、 蕞(さい)の守城戦にて4方向の均衡を保つために知恵をだしていました。

介億(かいおく)のおかげで 蕞(さい)を守れたと言っても過言ではないでしょう。

第24位:趙峩龍(ちょうがりゅう):知力93

趙峩龍(ちょうがりゅう)
画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

趙峩龍(ちょうがりゅう)は朱海平原の戦いで秦とぶつかった将軍です。

元趙三大天の藺相如(りんじょうしょ)の側近になるほどの人物で、ずっと目を瞑っているような姿が特徴的です。

第24位:舜水樹(しゅんすいじゅ):知力93

舜水樹(しゅんすいじゅ)画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

舜水樹(しゅんすいじゅ)は橑陽(りょうよう)の戦いで、犬戎族を従えて楊端和(ようたんわ)や壁と戦った人物です。

匈奴の言葉を話し、扱いきれなさそうな犬戎族を見事に操りました。秦のたくらみをすぐさま察したり、壁が抱える食糧庫を燃やしたりなど頭を使った戦い方が良く見られます。

第24位:隆国(りゅうこく):知力93

隆国(りゅうこく)画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

隆国(りゅうこく)は王騎(おうき)軍の第二軍長として活躍する人物で、意外と事細かいのが特徴的です。

山陽をとったあとに、防衛線の作り方をツッコまれたり、羌瘣(きょうかい)が飛信隊に属していることもツッコんでいましたね。

第28位:劇辛(げきしん):知力92

げきしん
画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

劇辛(げきしん)は龐煖(ほうけん)にあっさりとやられてしまったものの、李牧(りぼく)の計略を見抜くなど知力をもっています。

第5位に位置する軍神ともいわれる燕の大将軍楽毅(がくき)の戦略を盗み、それを見事モノにするほどの知力をもっています。

第28位:蒙恬(もうてん):知力92


蒙恬は蒙豪(もうごう)の孫であり、蒙武(もうぶ)の息子です。

非常に長けた知力を持っており、あの王翦(おうせん)に認められるほどの軍才を放っています。

実際の知力に関してはもう少し高くてもいいかもしれません。今後公式ガイドブックの更新で跳ね上がる可能性は十分にあるでしょう。

第28位:蔡沢(さいたく):知力92

蔡沢(さいたく)
画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

蔡沢(さいたく)は呂氏支柱の一人で、昭王時代の丞相を務めた人物です。

優れた国交力もあり、燕や斉を行き来し、最期には斉の大王を秦に招きましたね。

最終的には政の言葉が響きましたが、もともと繋いだ蔡沢(さいたく)の貢献度はとてつもないものでしょう。

第28位:劉冬(りゅうとう):知力92


劉冬(りゅうとう)は趙の離眼城城主・紀彗の元側近として活躍していた軍師かつ武将です。

彼の知力は戦略的な視点から戦局を見る能力に長けており、黒洋の戦いでは飛信隊を翻弄していました。

第28位:昌文君(しょうぶんくん):知力92


昌文君(しょうぶんくん)は嬴政(えいせい)の側近であり、秦の丞相です。

知力に関しては、これまで武官として数多くの戦を経験したこともあり、軍略家の一面を見せることもあります。

結構歳はいっていますが、合従軍では自ら矛を振る姿も見れましたね。

第28位:姚賈(ようか):知力92

姚賈(ようか)
画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

姚賈(ようか)は昌文君(しょうぶんくん)が趙に放ったスパイです。

しかし姚賈(ようか)は各国のスパイという韓非子の情報があり、李牧(りぼく)の手先となっている可能性があります。

真実はまだわからない状態です。ですが各国のスパイとして渡り歩いている以上、かなり高い知力がないと無理だと言えるでしょう。

第28位:趙高(ちょうこう):知力92

姚賈(ようか)
画像引用元:『キングダム』(C)原 泰久/集英社

趙高(ちょうこう)は毐国(あいこく)を建国するために活躍した人物です。

宦官の一人であり、現状ではその知力はまだまだ底が知れません。しかしこの趙高(ちょうこう)は後に秦国全体を揺るがすほどの人物となるのです。

恐ろしい知力と野望を持つ人物なので、今後に注目ですね。

キングダム知力ランキング36位以下

ここからは名前だけで簡単に紹介していきます。

順位 人物名 読み方 所属国 知力
36 慶舎 けいしゃ 91
36 蒙驁 もうごう 91
36 河了貂 かりょうてん 91
36 呂不韋 りょふい 91
36 荀草 じゅんそう 91
36 田里弥 でんりみ 91
36 趙荘 ちょうそう 91
36 蒙毅 もうき 91
36 バミュウ ばみゅう 91
36 肆氏 しし 91
46 紀彗 きすい 90
46 王賁 おうほん 90
46 玄右 げんう 90
46 馮忌 ふうき 90
46 摩論 まろん 90
46 仁凹 じんおう 90
52 雷伯 らいはく 89
52 倉央 そうおう 89
52 羌瘣 きょうかい 89
52 剛摩諸 ごうましょ 89
56 尭雲 ぎょううん 88
56 汗明 かんめい 88
56 張唐 ちょうとう 88
56 麻鉱 まこう 88
56 姜燕 きょうえん 88
56 カタリ かたり 88
56 関常 かんじょう 88
56 公孫龍 こうそんりゅう 88
56 共伯 こうはく 88
56 貝満 べいまん 88
56 成恢 せいかい 88
56 亜花錦 あかきん 88
56 厘玉 りんぎょく 88
56 官元 かんげん 88
70 蒙武 もうぶ 87
70 亜光 あこう 87
70 輪虎 りんこ 87
70 介子坊 かいしぼう 87
70 永備 えいび 87
70 傅抵 ふてい 87
70 李白 りはく 87
70 へき 87
70 那貴 なき 87
70 瑠衣 るい 87
80 紫伯 しはく 86
80 ゴバ ごば 86
80 郭備 かくび 86
80 成蟜 せいきょう 86
80 86
86 オルド おるど 85
85 ワテギ わてぎ 85
85 満羽 まんう 85
85 豹司牙 ひょうしが 85
85 鱗坊 りんぼう 85
85 白麗 はくれい 85
85 樊於期 はんおき 毒国 85
85 陸仙 りくせん 85
85 臨武君 りんぶくん 85
85 晋成常 しんせいじょう 85
85 黒桜 こくおう 85
85 楚水 そすい 85
85 白亀西 はくきさい 85
85 羌象 きょうしょう 85
99 馬南慈 ばなんじ 84
99 土門 どもん 84
99 金毛 きんもう 84
99 我呂 がろ 84
103 カイネ かいね 83
103 糸凌 しりょう 83
103 幽連 ゆうれん 83
103 郭開 かくかい 83
107 録嗚未 ろくおみ 82
107 干央 かんおう 82
107 昧広 まいこう 82
107 愛閃 あいせん 82
107 キタリ きたり 82
107 樊琉期 はんるき 毒国 82
113 縛虎申 がくこしん 81
113 尚鹿 しょうかく 81
113 シュンメン しゅんめん 81
116 ダント だんと 80
116 ロゾ ろぞ 80
116 馬呈 ばてい 80
116 雷土 らいど 80
116 凱孟 がいもう 80
116 千斗雲 せんとうん 80
116 同金 どうきん 80
116 松左 しょうさ 80
116 岳嬰 がくえい 80
116 朱鬼 しゅき 80
116 麻鬼 まき 80
116 魏加 ぎか 80
116 トアク とあく 80
116 えん 80
116 ひょう 80
116 竭氏 けつし 80
132 項翼 こうよく 79
132 岳雷 がくらい 79
134 崇原 すうげん 78
134 魏興 ぎこう 78
134 渉孟 しょうもう 78
134 干斗 かんと 78
138 李信 りしん 76
139 バジオウ ばじおう 75
139 岳牙 がくが 75
139 燕呈 えんてい 75
139 蒼仁 そうじん 75
143 沛浪 はいろう 73
143 田永 でんえい 73
145 去亥 きょがい 72
146 タジフ たじふ 71
147 麃公 ひょうこう 70
147 万極 まんごく 70
147 尾平 びへい 70
147 徐完 じょかん 70
147 羌礼 きょうれい 70
152 ブネン ぶねん 65
152 黄離弦 こうりげん 65
152 竜川 りゅうせん 65
152 ゼノウ ぜのう 65
152 蒼淡 そうたん 65
157 左慈 さじ 62
158 ムタ むた 61
159 嫪毐 ろうあい 50
160 乱美迫 らんびはく 45
161 ランカイ らんかい 33
162 オギコ おぎこ 5
163 龐煖 ほうけん 0

164に位置する龐煖(ほうけん)ですが、公式ガイドブックには「馬鹿ではない」と記されています。

武力に特化した人物として漫画では描かれていますが、史実から推測するにかなり知力も高いと考えられます。

司馬尚(しばしょう)などの新しいキャラクターの知力は?

今回紹介している知力ランキングは、あくまでも2021/7/16に発売されたキングダム公式ガイドブック第3弾によるものです。

そのため新たに登場した人物の知力や武力などはまだ数値化されていません。現在だと司馬尚(しばしょう)などの強キャラの知力は底が知れません。

ちなみに司馬尚(しばしょう)は一応公式ガイドブックには載っていますが、その知力は「なぞ」と書かれています。

ですがオルドを退け、李牧(りぼく)からは三大天を推されているほどですから、おそらく90以上はあるのは間違いないでしょう。

また新しい公式ガイドブックが出たら、情報を更新するのでお待ちください。


今回は漫画キングダムにおける知力ランキングをご紹介しました。

武力による戦いもおもしろいですが、知力の戦いも目が離させません。

今後の知力による戦いを楽しんでいきましょう!

PickUp

-キングダム登場人物, キングダム