キングダム

キングダム731話の感想!田有は生存・死亡どっち?

みなさん今週のキングダム731話は読みましたか?かなり暑い展開になってきましたね。

今回はそんな731話の感想をもとに、今後の展開についての見解をお伝えしていきます!

竜川(りゅうせん)が超奮闘!味方も奮起させる熱い展開

宜安(ぎあん)城を攻めるにあたって、紅春(こうしゅん)という井蘭車(せいらんしゃ)を使って、城壁に上った信たち。

城門を開けるために立ち上がったのが、信を筆頭にした、田有、竜川、中鉄の飛信隊怪力3人衆。

730話ではここでは終わりましたが、731話ではこの3人衆が大活躍します。

まず最初に男を魅せたのが竜川。田有と中鉄が槍を刺されているのを見て、竜川が状況のまずさを感じ取ります。そして

「オイラに任せて」

と顔の血管が浮き出るくらいに力を入れ、敵をぶっ飛ばしていきます。その破壊力は死んだ汗明(かんめい)を感銘を受けるほど。

この一瞬で私は、竜川の初陣の時を思い出しました。覚悟を決めた竜川の顔と行動。かっこよかったですよね。

だが限界寸前。階段を目の前で倒れそうになります。しかしまだ竜川の進撃は止まらない。

階段にスーパーダイブします。敵も大パニック。竜川の巨体が転がり落ちていきます。竜川はそこでダウン。寝ているところを趙軍の兵士が小刀で首を切ろうとします・・・。その時・・・

「テェェェッ」

中鉄さんスーパーセーブ

竜川の首が今にも斬られそうな瞬間。中鉄が敵の腕を切断。間一髪を免れます。

その切りかかる姿はまるで、謄の姿を彷彿させるほど。中鉄ナイス!と思いきや、すぐに中鉄さんもピンチ。

槍を2本腹に入れられます。そしてやってくる・・・

「ル

我らが李信将軍の登場&感銘を受ける田有

中鉄のピンチを信がカバーします。信がカバーしている中、茫然と立ち尽くしていたのは田有。

後輩の竜川の覚悟に感銘を受け、葛藤している姿から、この後何するのかがここでわかります。

やはり田有も男の中の男。この後大活躍します。

いよいよ門を開ける寸前。しかし敵も死守するべきポイントなので、ガッチリと固められています。

「任せろ」

のひと言で開閉部屋の前の敵を一人でぶっ倒していきます。先に歩兵長である崇原(すうげん)を行かせ、開門を委ねます。

崇原(すうげん)も「任せたぞ 田有」と入口を託します。

返事をする田有の声に覇気は感じられず、なにかを諦めたような描写でもありました。

そして遂に開門部屋にたどり着き開城!なだれ込む秦軍!

しかしそれと同時に・・・

田有・・・矛を手放して死亡か?

開城して場内に味方が入れたものの、そこに映っているのは、目を瞑り、矛を手放す田有の姿。

誰しもこの描写を見て死亡を思い浮かべるのではないでしょうか。

信の家も建ててくれた田有。これまで長く付き合ってきた味方ですが、本当に死亡なのでしょうか。

田有はおそらく死亡

多くの方が想定していますが、田有はおそらく死亡の可能性が高いでしょう。

理由は笑みを浮かべているところ。信と長く共にしてきて死亡した人物は、ほとんどが笑って亡くなっていきます。

やりきったという顔で、疲れ切った笑顔ではありますが、間違いなく笑っています。

矛の描写からも生存している可能性はほとんど低いのではないでしょうか。

田有と信は最後に喋る?竜川に何かを託す?

矛を手放した田有ですが、信と最後に話すことはできるのでしょうか。

同じく信と長くを共にした松佐の時は、なんとか話すことができましたが、田有が最後に信と話せるのかどうか、そして話すとしたら何を話すのかは気になるところですね。

できればなにかしら話してほしいところです。また竜川はおそらく生きているので、「俺の跡はお前に任せた」という会話もあるかもしれませんね。

キングダム731話に関するネットの声

田有の今後が気になる731話でしたが、ネットではどんな声が上がっているのでしょうか。

ここでは気になるツイートをしていた方をピックアップしてみたので、実際に見ていきましょう。

岳雷でショック受けたから田有は死なないでくれ

田有ここで死ぬのは見せ場が微妙

雑魚のオリジナルキャラに感情移入しない

怪力3人衆に信が混じってるのがエモい


 

今回はキングダム731話についてのネタバレ・感想をお伝えしました。

結構長引きそうな趙の戦いですが、今回は結構伸展があった方なのではないでしょうか。これからの戦いに注目です!

PickUp

-キングダム