騰:トウ

生没年 生没年不詳
時代 戦国時代
所属国

<史実>

騰(とう)は中国戦国時代末期の秦の武将。

姓は不明であり、内史騰(内史(ないし)は官名)とのみ呼ばれる。

紀元前231年、韓王安(かんおうあん)は南陽の地を秦に割譲した。秦王政は内史騰をこの地を治める仮の太守に任命。

紀元前230年、内史騰の率いる秦軍10万が韓に攻め込み、韓王安を捕えた。これにより韓は滅び、潁川(えいせん)郡として秦の統治下に置かれた。

 

<キングダム>

秦の六大将軍の一人である王騎(おうき)将軍の副官として登場。

王騎と共に数多くの戦場を駆け抜けてきたその実力は、王騎からも自分に見劣りしないと評されるほどである。

剣を振るうときには「ファルファルファル」という独特の音を響かせて、高速で円を描きながら敵を薙ぎ倒していく。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る