長安君:チョウアンクン

生没年 ?~紀元前239年
時代 戦国時代
所属国

<史実>

長安君(ちょうあんくん)は戦国時代末期の秦の公子。

姓は嬴(えい)、名は成蟜(せいきょう)

荘襄王(そうじょうおう)の子、秦王政(のちの始皇帝)の弟。

紀元前239年、長安君は軍を率いて趙に攻め入った。しかし、屯留(とんりゅう)の民を従えて秦に謀反した。

秦はこれを治めて、軍吏(ぐんり)をみな斬り、長安君は戦死した。屯留の民は臨洮(りんとう)にうつされた。

 

<キングダム>

初登場は第4話。

の異母弟である成蟜は、公主(王族の娘)を母に持ち、自らの血筋に誇りを持っていた。

それゆえ、平民の母を持つ政が、自分を差し置いて王位についたことに強い反感を抱いていた。

政の失脚を目論む成蟜は、呂氏の魏遠征をきっかけに、朝廷の二番手勢力である左丞相の竭氏(けつし)と組んでクーデターを起こし、政の命を狙う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る