趙 奢:チョウ シャ

生没年 生没年不詳
時代 戦国時代
所属国

<史実>

趙奢(ちょうしゃ)は中国戦国時代の趙の名将。

趙括(ちょうかつ)の父。

 

趙奢は最初、田地の税収係の役人であった。

ある時、恵文王(けいぶんおう)の弟である平原君(へいげんくん)が税金を滞納すると、趙奢は王の弟だからといって恐れることなくこれを摘発し、平原君の従者9人を処刑した。

このことを聞いた平原君は激怒し、趙奢を呼び出して殺そうとした。しかし趙奢が「法が守られなくては国は繁栄しません。法を軽んじれば国は衰退するでしょう。それに王族であるあなたが守らなくて誰が守りましょうか」と反論すると、これに平原君も納得した。

この一件で趙奢が勇気と見識を備えた人物であると評価した平原君は、趙奢を恵文王に推薦し、趙奢は国税の管理を任されることとなった。その後、趙奢の働きにより、趙の国は豊かになり、国庫は充実した。

 

紀元前280年、趙奢は将軍に任じられ、斉を攻め、麦丘を取った。

紀元前269年、秦の胡傷(こしょう)の率いる秦軍が、趙の閼与(あつよ)に攻め入った。

恵文王は廉頗(れんぱ)と楽乗(がくじょう)に、閼与の地が救えるかどうかを問うた。2人は「閼与への道は狭くて険しいので、容易には救えないでしょう」と答えた。恵文王は次に趙奢にも同じ質問をした。すると趙奢は「狭くて険しい地ですから、ちょうど2匹の鼠が穴の中で戦うようなものです。将が勇敢なほうが勝ちます」と答えた。そこで恵文王は趙奢を将軍として、閼与の救援に向かわせることにした。

趙奢は趙の都・邯鄲(かんたん)から30里進んだところに布陣すると、軍事に口を出した者は死刑にすると決め、救援を進言する者を斬り捨て、また、秦の間者(スパイ)を手厚くもてなして帰した。これは秦軍の油断を誘うための趙奢の策であった。この様子を知った秦軍は、「趙は閼与に救援に向かう気はないようだ」と油断し、まんまと趙奢の策にはまった。

趙奢はそれを見計らい、兵を率いて一気に閼与に進んだ。すると慌てた秦軍は全軍を挙げて攻めてきた。そのとき許歴(きょれき)という者が「秦軍は我々が全軍で来たとは思っていないのでしょう
。そのため意気盛んに攻めてきます。まずは陣を堅くして守るべきです」と軍事に口を出した者は死刑にされると知っていながらも、命がけで進言した。

戦いが始まろうとすると、許歴は再び進言し「先に北山の頂上を取った方が勝ち、遅れた方が敗れるでしょう」と言った。趙奢はこの意見を採用して、すぐに兵を出して秦軍よりも先に北山を抑えて布陣した。遅れた秦軍は山上から趙軍に突撃されて大敗し、趙奢は見事秦軍の撃退に成功した。

この功績により、趙奢は馬服君に封(ほう)ぜられた。かくして趙奢は藺相如(りんしょうじょ)や廉頗と同格となった。

 

<キングダム>

かつての趙の三大天の一人。

回想シーンのみの登場。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る