諱(いみな)と字(あざな)

とは、生前の実名のこと。

諱で呼ぶことが許されるのは親や主君など目上の人のみで、それ以外の人が諱で呼ぶことは極めて無礼であるとされた。

諱に対して、普段人を呼ぶときに使う名のことを字という。

とは、実名以外に付けるあだ名のようなものであり、諱を尊んで付けるものであるため、諱に関係した文字が使われていることが多い。

基本的に「劉備玄徳」といったように続けて姓・諱・字を呼ぶことは無いが、文章の中ではあえてそのように書かれている場合も多い。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る