胡亥:コガイ

生没年 紀元前229年~紀元前207年
時代 秦帝国
所属国

胡亥(こがい)は秦帝国の第2代皇帝、帝号は二世皇帝【在位前210~前207】

在位わずか3年で国を崩壊させた暗君として知られる。

姓は嬴(えい)、名は胡亥(こがい)

始皇帝の第18子で末子にあたる。

紀元前210年、始皇帝の死後、宦官趙高(ちょうこう)と丞相李斯(りし)の陰謀により、後継者の扶蘇(ふそ)を抑えて胡亥は二世皇帝に即位する。

愚かな胡亥は趙高の意のままに操られた挙句、最期はクーデターを起こした趙高によって捕らえられ自害させられた。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る