秦の穆公:シンノボクコウ

生没年 ?~紀元前621年
時代 春秋時代
所属国

<史実>

秦の穆公(しんのぼくこう)は中国春秋時代初期の秦の君主【在位前659~前621】

姓は嬴(えい)、名は任好(じんこう)

徳公の子、成公の弟。

晋の献公(けんこう)の娘を夫人に迎え、その従者として送られた百里奚(ひゃくりけい)を重用し、国政を任せた。

 

晋では後継者を巡る争いが起き(驪姫(りき)の乱)、紀元前651年、晋の献公が没すると、晋の公子夷吾(いご)(のちの恵公)は晋の君主の座に着くため穆公に兵を貸してくれるよう頼んだ。

穆公はこれを承諾し、この時に夷吾は礼として領地の一部を献上することを約束したが、これを守らなかった。

 

紀元前647年、晋を旱魃(かんばつ)が襲い、晋の恵公は秦に食料の援助を求めた。家臣たちはこれに反対したが、穆公は「私は恵公を憎んでいるが、飢えている晋の民たちには何の罪があろうか」と言って、大量の食料を船で晋へと送った。(泛舟の役(はんしゅうのえき))

 

その翌年、秦は大凶作に見舞われ、飢饉(ききん)に陥った。穆公は晋に食料の援助を求めたが、恵公はこれを聞き入れず、あろうことか良い機会だとして秦に攻め入ってきた。

秦の君臣たちはみな怒って出兵し、両軍は韓原の地で会戦した。

戦乱の中、穆公は晋軍に包囲され窮地に陥るが、300人の勇士が現れて穆公を助けた。

このとき穆公を救ったのは、かつて穆公の良馬を捕らえて食べてしまった岐山(きざん)の野人たちであった。野人たちが馬を食べたときに、穆公は「君子は家畜のために人を害してはならない。 馬の肉を食べたら酒を飲まないと、健康をそこなうと聞いている」と言って、美酒を振るまい、罪に問うことをしなかった。野人たちはそのときの恩をここで報いたのである。

これによって形勢は逆転し、秦軍は勝利を収め、恵公は捕虜として捕らえられた。

 

その後、秦は再び晋を討ち、その翌年には西戎(せいじゅう)を討って領土を拡大し、穆公は“西戎の覇者”と呼ばれた。

 

<キングダム>

第9話にて、が穆公の人柄について語る場面が見られる。

また、第16話ではが「泛舟の役」や「馬酒兵(ましゅへい)」のエピソードについて語っている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る