王 齕:オウ コツ

生没年 生没年不詳
時代 戦国時代
所属国

<史実>

王齕(おうこつ)は中国戦国時代末期の秦の将軍。

 

紀元前262年、秦の白起(はくき)が韓の野王を落とし、これにより韓の北方の領土である上党郡は孤立した。

上党の太守馮亭(ふうてい)は官民の意見を受け、上党を趙へ献上した。趙の孝成王はこれを受け入れ、上党は趙の領土となった。

 

紀元前260年、秦は王齕を派遣して上党を奪った。上党の人々が趙の長平に逃げ込むと、王齕軍はこれを追ってそのまま趙に攻め入った。

廉頗(れんぱ)率いる趙軍は塁壁(るいへき)を築いてそれを防いだ。秦軍は激しく攻めたが、その勢いを見た廉頗は籠城(ろうじょう)を開始し、守りを固めて持久戦に持ち込んだ。

長引く戦に秦軍は疲労し、戦がこれ以上長引くことに危機感を抱いた秦は、趙へ間者(スパイ)を出して千金を撒いて「秦が何よりも恐れているのは、名将趙奢(ちょうしゃ)の子・趙括(ちょうかつ)が総大将になることだ」と流言させ、経験不足の趙括が総大将になるように仕向けた。この策にまんまとはまった孝成王は、廉頗を罷免し、趙括を総大将に任命した。

秦では趙括が総大将になったとわかると、密かに白起を増援させて総大将とし、王齕をその副将とした。

その結果、白起率いる秦軍は趙軍を兵糧攻めに追い込み、大勝した。

 

紀元前259年、王齕は白起に代わって、趙を攻め、皮牢を取った。

紀元前258年、秦の王陵(おうりょう)が趙の都邯鄲(かんたん)を包囲するもなかなか落とせず、翌年、王陵は解任され王齕に代わる。

紀元前257年、王齕は邯鄲を攻めるが落とせず、秦軍は包囲を解いて退却し、汾城(ふんじょう)郊外の秦軍と合流した。

その後、魏軍を攻めて首を斬ること6千、魏軍は敗走し黄河で溺死した者は2万人に及んだ。続いて汾城も攻め落とし、張唐に従って寧新中を落とした。

紀元前247年、韓の上党を攻めて、太原郡(たいげんぐん)を置いた。魏の信陵君(しんりょうくん)が五カ国連合軍を率いて秦を攻めてきたのを蒙驁(もうごう)と迎え撃つが敗れた。

王齮(おうき)との同一人物説がある。

→王齮の頁を見る

 

<横山光輝史記>

第16話に登場。

 

<キングダム>

かつて名を馳(は)せた秦の六大将軍の一人。

回想シーンのみの登場。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 1月 18日

ページ上部へ戻る