呂不韋四柱(りょふいしちゅう)

秦の政界最大派閥の長である呂不韋は、優秀な人材を多く抱えており、国政や外交、法律、軍事など各分野の専門家たちが揃っている。

その中でも特に優れている蔡沢(さいたく)昌平君(しょうへいくん)蒙武(もうぶ)李斯(りし)の4人は呂不韋四柱と呼ばれている。

呂不韋これらのそうそうたる面々を揃えて己の勢力拡大をはかっており、打倒呂不韋を誓うたちからしてみれば、あまりに強大な相手である。

 

☆ぜひ以下の記事も合わせてご覧下さい!

→呂不韋の詳細頁を見る

→李斯の詳細頁を見る

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る