司馬 錯:シバ サク

生没年 生没年不詳
時代 戦国時代
所属国

<史実>

司馬錯(しばさく)は中国戦国時代の秦の将軍。客卿(かくけい)。

司馬靳(しばきん)の祖父。『史記』の著者である司馬遷(しばせん)の祖先にあたる。

 

紀元前316年、蜀で内乱が起き、蜀の苴侯(しょこう)は秦に助けを求めた。時を同じくして、韓が秦に攻め入った。

このとき秦の恵文王(けいぶんおう)は、張儀(ちょうぎ)と司馬錯に意見を求めた。

張儀は「蜀をとっても利益にはなりません。韓を討って周に迫り、天子を抱え込んで天下に号令すべきです」と言って、「韓を討つべきである」と主張した。

一方、司馬錯は「今、秦の土地は狭く、人々は貧しい暮らしをしています。まずは蜀の地を手に入れて、国力の増強を図るべきです。また、天子をおびやかし、不義の汚名を受けてまで周を攻めるのは危険です」と言って、「苴侯を助け、蜀を討つべきである」と主張した。

恵文王は司馬錯の意見を採用して蜀を攻めた。これにより秦の国土は広がり、さらに長江の下流にある楚に対して河を使った進軍や輸送が可能になり、優位な立場となった。

 

紀元前311年、楚を攻め、商於(しょうお)の地を奪い、黔中(けんちゅう)郡を置いた。

紀元前310年、蜀の国相陳荘(ちんそう)が謀反を起こし蜀侯通(つう)を殺害。司馬錯は甘茂(かんも)と張儀と共にこれを鎮圧した。

紀元前301年、蜀侯惲(うん)が謀反を起こし、司馬錯がこれを鎮圧した。

紀元前291年、魏を攻め、軹(し)と鄧(とう)を取った。また、白起(はくき)と共に垣の城を攻め落とした。

紀元前289年、魏を攻め、垣(えん)、河雍(かよう)、決橋を取った。

紀元前286年、魏を攻め、魏は安邑(あんゆう)を秦に献上した。

紀元前280年、隴西(ろうせい)から蜀を経由して楚を攻め、黔中を落とした。

 

<キングダム>

かつて名を馳(は)せた秦の六大将軍の一人。

回想シーンのみの登場。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る